甘い手

  • 2018.11.16 Friday
  • 16:18



友人が送ってくれた空の十字架。


真摯に祈りながら日々を紡ぐように過ごす彼女に、

空の彼方から、

「届いているよ。」

と誰かが答えてくれている、

そんな風に感じました。



一昨日は、ちびこの写真を載せて、

別の記事をかくつもりでした。


スピッツの『甘い手』という曲のことです。



  『甘い手』


  歌:スピッツ

  作詞:草野正宗

  作曲:草野正宗


  遠くから君を見ていた
  いつもより明るい夜だった

  ゆっくりと歩みを止めて
  言葉も記号も忘れて

  はじめから はじめから 何もない
  だから今 甘い手で僕に触れて

  遠くから君を見ていた
  反射する光にまぎれた

  愛されることを知らない
  まっすぐな犬になりたい

  くり返し くり返し 楽しみに
  日をつなぐ 甘い手で僕に触れて



夏頃、

道を歩きながらイヤホンで

何気なく聴いていたら、

以前から知っていたこの曲の歌詞が

ズババババ、と心に響きました。


歌詞に登場するのはワンコだけれど、

うちのちびこは私の掌に頭をこすりつけてくる。

ちびこにとって、私の掌は「甘い手」なんだな。

ちびこは私をどう視ているのだろう?

歌詞にあるように、

眩しい光のように視てくれているのだろう。


堂島の橋の上で、

そう思ったら嬉しくて泣けて泣けて、

朝っぱらから心を震わせておりました。


もう、

アタシ、変な人なんじゃ!?

と自分の閃きや感動を押し殺すことは

とっくに止めています。


そう、

私は光、

言葉も記号もなく、

貼られたラベルも透明になって消え去り、

ただ、ここで光っている。

そしてちびこのように、

楽しく日々を繋いでいけばいい、


そんな風に思ったのです。

ああ、幸せ。



そんな閃きを届けてくれる

草野正宗さんって、

素晴らしいアーティストですね、

マジリスペクト!なのです。



こうしてブログを書きながら、

空の写真を送ってくれた友人も、

その彼女が大切に想う人も、

純度の高い綺麗な光に包まれているんだな、

と、今思いました。



さあ、家に帰ってちびこの頭を撫でてやりましょう。

とりとめが無いけど、今日はこれでお終いにします。






そばにいるよ

  • 2018.11.14 Wednesday
  • 17:05





私の大切な相棒、ちびこです。


写真は、私のお腹の上でまったりと寛いでいるところ。

あんまり可愛いので、パチリとボタンを押しました。




私が自分の正直な気持ちと向き合う時、

それは時に辛かったり苦しかったり、

胸が痛くて孤独を感じたりもするのですが

そんな時黙ってそばに居てくれます。


ちびこの柔らかいお腹に顔を埋めると、

ちびこが私のことが大好きでいてくれることがわかります。

すると私の心が柔らかくなって、

辛さや苦しさの、その向こうにある

純粋な想いに辿り着くまで感じ続けることが出来て、

大切なことに気づくのです。

自分だけの宝石を見つけるみたいに。


言葉ではない会話。

触れ合うことで気持ちを伝え合う。


相手が人ではなくても、

動物や植物だとしても、

心のアンテナで受け取れば、

会話が出来る。


何もしないけれど、そばにいる。

大切な誰かと一緒に居る。

それは、お互いに大きな励ましや応援の力になる。


ちびこは、私にとても大切なこと教えてくれる、

大好きな大好きな可愛い相棒なのです。













生きているだけで

  • 2018.11.08 Thursday
  • 18:02


大人になると、

分かり易く世の中の役に立つような仕事をしていることが

「自立して立派に生きていることの証明」

のように判断しがちだし、

また、判断されたりもするけれど。


いえいえ、

自分らしく、自分のやり方で、

生きていればそれでいいんだな、

と深く感じました。



次の段階に行きたい、とか

現状を打破したい時、

それは今までの自分のやり方では次に進めないので、

自分と違う誰か、の考え方ややり方を参考にするとアイデアが浮かびます。


Aさんにとっては当たり前の事でも、

Bさんにとっては新しい。

みんな同じだと、同じところで足踏みし続けるだけ。


だから、

それぞれ違っていていいのです。

自分らしく寛いでいれば、

それだけでO.K.

そう思います。






気持ちいい♪

  • 2018.03.25 Sunday
  • 12:49





私だけの大切な時間。


Lesson3 : 食を整える

  • 2018.03.21 Wednesday
  • 19:41




今日から、この本で食事について学びます。


ある目的があって、

『身体を綺麗にしよう!』

と決意したのはいいのですが、

ダイエットが成功したことがありません。


ってか、

ダイエットってナニ⁉

って言いたいくらい、ちょっとトラウマかも。


今までの経験でダイエットという言葉に

否定的な感覚を持っているのですよね。


それに、私は痩せたいのではなく、

自身を綺麗に整えて、軽やかな身体にしたいのです。


そんな思いで本屋さんに行って、

昨日この本を見つけました。


直ぐに全部読めてしまうけど、

一章ずつゆっくり読んで、

禅の食の心得を身に付けたいと思います。


まずは三ヶ月、集中して食に取り組みます。


得たものは、このブログに書いていこうと思います。


どう変わっていけるかな?

自分の変化が楽しみです。






春分の日

  • 2018.03.21 Wednesday
  • 19:23


今日は、春分の日ですね。


占星術では、昼と夜の長さが等しいこの時を境に

新しい年が始まると考えるそうです。


随分とブログの感覚が空きましたが、

その間、どんどん感覚が変化して、

産みの苦しみを味わっていました。


大人になって変化するって正直しんどいです。


だけど、変化なくして成長も喜びもありません。


春分の日を迎えて、

その変化がひと段落して、落ち着いた感じがしています。


また、

このブログを通じて、

私の感じたこと、エネルギーを伝えたい、と思います。


よろしくお願いします。







ふくらむ心

  • 2017.11.05 Sunday
  • 12:02


誰かと一緒に、

美しい景色をゆっくりと眺める。


それぞれが、心の中で

何を感じているかは分からない。


だけど、その横顔は穏やかだ。


なんて豊かで幸せな瞬間なんだろう。


私の心が、どんどん膨らんで広がっていく。



自由

  • 2017.11.03 Friday
  • 12:44


自由になりたいなら、

ただ、観ること。


外側も、内側も、

上も下も、

特に決めなくてもよい。


静かな心で

ただ観ていればいい。


北斎さんの絵を思い出していたら、

ふとそう思った。



北斎展

  • 2017.10.19 Thursday
  • 16:19



 先日、あべのハルカス美術館で開催されている「北斎展」に行きました。


私は絵の芸術性や、テクニックなどの知識はないので、

ただ感じたままに感想を書きますね。


 すっかりファンになってしまったので、親しみと尊敬の意を込めて

北斎さんとお呼びします。






 会場に入って作品を一目見ただけで、心が動き始める。

まるで心の中の車輪が回転を始めたみたい。


 そして、理由が解らないままに嬉しくて、

お腹がぽかぽか暖かくなってくる。


 描かれた一つ一つの線を見て、心が洗われ、

丁寧にゆっくりと、物事に取り組むことの大切さを感じる。


 晩年になる程に、会得した技巧を自在に使い、

心に在るイメージが描かれた絵を見て、

自由な魂の躍動感を感じる。

心に映る全てを描くことが出来る。

きっと、北斎さんは

歳を重ねれば重ねるほど、自由になっていったんだ。


 

 もっと、もっと、

とても沢山のことを感じたけれど、

細かいことは言葉にはしないで、

少しずつ心の中で熟成させていこう。


 だけど、ひとつだけ、

強く感じた事を言葉にして書いておきたい。


 絵を見て歩いているうちに、

私は北斎さんの「眼」を想像し始めた。

 ここに在るものは全て、

彼の眼差しで映されたもの。

 有名な波は、水しぶきの一瞬の光を描き、

真っ直ぐにこちらを見る竜は、 

自分の心に正直に生きているかを、私たちに問うてくる。


 そうして、いつのまにか、

私は北斎さんの眼差しを、心の内に宿らせていた。


 ただ、視る。


 今まで、美しいものばかりを見たいと思っていた。

美しいものが大切だと思っていた。

 だけど、これからは

美しいものも、汚れたものも、

ただそこに居て、見ていよう。

 その姿こそが美しいのだ。


 「視る心」「眼差し」が

美しい、醜い、全てを含んで、包み込む。










Lesson2 : 身体に感謝する

  • 2017.10.12 Thursday
  • 16:01


幸せ体質って、どういうの?

ってアレコレ考えていたら、

面白いメッセージが心に浮かんできたので

ここに記しますね。


ちなみに、

「坊主のおじいちゃんから教えてもらう」

って設定で読んでください(笑)



まずは、身体に充分感謝するのじゃ。

しみじみと、

染み渡るように、

感謝の念を身体の隅々まで染み込ませるのじゃ。


今までの全てのことは

身体があってこそ、じゃからな。


瞑想する感じでの。


そうすると

身体の細胞が変わってくる。


そうしてな、

あんたはんの身体が

今よりもっと光ってくる。


でな、充分に感謝の念が

身体全体に染み込んだら、

あんたはんの身体は内側から

光って輝くようになる。


それは美しい真実の光じゃ。


その光で満たされるとな、

幸せで明るい人になる。


それが、幸せ体質じゃ。




PR

calendar

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< November 2018 >>

selected entries

archives

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM